営業本部

長江 祐司 
Nagae Yuji

経済学部 国際学科 卒業
2014年 新卒採用

続けることで、見つかる
“やりがい”があります

アイエスエフネットへの入社のきっかけは?

大学在学中に、アルバイトでアパレルの販売員をしていました。卒業後も、そのまま勤めていたのですが、周りがネクタイをしめる仕事に就く姿を見て、自分のキャリアをもう一度見直してみようと思い、改めて就職活動を始めました。

就職活動はIT業界での営業職に絞ってスタートしました。父親がIT企業で営業をやっていたこともあり、働く姿をイメージしやすかったのだと思います。企業研究をする中で、説明会に参加してみたのがアイエスエフネットと出会ったきっかけです。

説明会では、経営理念や哲学について、とても丁寧な説明がありました。その中でも、会社が大切にしている「人間性」について、特に共感できました。また、IT・NON-ITを問わずに多方面で営業できるというところに魅かれて入社を決めました。

今はどのような仕事をしていますか?

現在、エンジニア・営業に関わらず人材の派遣先を獲得する仕事を担当しております。メインのミッションは、営業派遣案件の獲得です。営業の仕事というと、モノやサービスを売るイメージですが、私は人材を担当しているので、モノとは違う難しさを感じることは多々あります。

たとえば、お客さまとの面談の際に、私が提案する人材の魅力が伝わらないことがあります。スキルシート(経歴書)上ではとても優秀な方でも、面談の緊張もありその魅力が伝わらない。お客さまの感覚的な部分もあると思いますが、緊張したときの仕草や言葉遣いなどがマイナスに働くこともあるため、面談時のアドバイスを事前に行なうこともあります。自分より年配の方もいるので、指摘することに気を使ったりもしますが、お互いのコミュニケーション能力向上のためにも、しっかり伝えるように意識しています。

また、もう1つ重要な業務として、常駐に出ている社員のフォローも行なっています。実は、私も入社当時は営業として常駐に出ていました。当時は担当営業からフォローされる仕組みがまだ整備されておらず、会社とのつながりを強く感じることができない時期もありました。その経験から、常駐に出ている社員へのフォローはできるだけ行なうようにしています。また、私たちのチームに新しくサポート専属のメンバーが入り、組織的なフォローもスタートしています。営業には相談しにくい問題なども相談してもらえる体制が整い、チームの雰囲気もだいぶ変わったように感じます。

営業の仕事はどんなときにやりがいを感じますか?

案件が決定したときはやっぱりうれしいですが、それ以上にお客さまから増員の声がかかるときが一番うれしいですね。現場の社員ががんばってくれている証拠だからです。

常駐している社員が多いため、フォローは本人だけでなく、所属部署や上長のフォローも必要です。モチベーションを高く持ち続けながら、スキルアップをしてもらうことは難しいことですが、現場からのうれしいニュースは喜びを分かち合える相手もいて、うれしさは倍増するように感じます。

入社してからは、何があっても3年は続けてみようと思い、これまでがんばってきました。今では、10年後は、チーム長として部下を持ち、プライベートなことでも気さくに相談してもらえるような信頼される上司になりたいという将来の目標もできました。

一日のスケジュール

08:50出社 メールチェック、社内ミーティング、朝礼
10:00お客さま訪問
12:00ランチ(派遣スタッフの面談)
13:00お客さま訪問
16:00お客さま訪問
17:30見積もり作成・メール処理、契約書等の制作
18:30退社

就職活動中の方へのメッセージ

アイエスエフネットでは、ひとつの商品や業界に特化していないため、幅広い知識と経験を積むことができます。また、想像しているより、お客さまとの会食などを通したお付き合いがすくないので、メリハリがあり、自分の時間もしっかり持つことができますよ!