営業本部

諏訪 有紀  
Suwa Yuki

人間文化学部 英語コミュニケーション学科 卒業
2011年 新卒採用

営業としての喜びが、すべてあります

アイエスエフネットへの入社のきっかけは?

もともと、あまりじっとしているのでは好きではなかったので、オフィスに座りっぱなしの業務より、外出の機会が多い仕事を希望していました。私の父も兄も営業だったので、営業の仕事はとても身近で、自然と営業の仕事を希望するようになりました。

そんな中、アイエスエフネットのことを、知り合いの紹介で知りました。説明会に参加すると、障がいのある方の雇用づくりに取り組んでいたり、CSR活動も積極的に取り組んでいて、自分の売上がそのような形で社会に還元できるのはとても理想的だと感じ、エントリーしました。

入社して驚いたことはありますか?

新入社員の頃は、何事も経験だと思い、積極的に代表電話に出るようにしていました。ある日、お客さまからのお問い合わせの電話を取ったところ、込み入ったご用件で、自身だけではお答えすることが難しい内容のものでした。そのときは、わからないことが多いながらも、上長や周りの先輩営業の方に相談しながら、私がフロントに立って対応させていただきました。

後日、その対応を見ていた上長から、「そのお客様を担当してみないか?」との話がありました。まだ入社して間もなかったこともあり、正直不安もありましたが、経験の少ない私にチャレンジするチャンスと成長するきっかけを与えてもらったと思い、引き受けさせていただきました。ちなみにそれ以来、ずっとそのお客さまを担当させていただいています。

いきなりお客さまを担当することになったのには驚きましたが、 さらに驚いたのは入社2年目の時、コールセンター事業の立ち上げに参加させていただいたことです。会社としても実績のない分野の事業だったので、同業他社の調査から、事業内容の提案まで、トライアンドエラーを繰り返しました。今では公共の入札案件まで担当できる規模にまで成長しています。

立ち上げから事業の成長を当事者として経験させてもらえることもそうですが、その事業を「安定させるための利益化」、「成長させるための体制の整備」など、多くの課題にチャレンジさせてもらえる環境には、とても感謝しています。

営業職だと女性が少ないと思いますが、働く環境はどうでしょうか?

今では新卒社員の35%が女性ですが、私が入社した当時の営業本部は、本当に女性は少なく、会議に女性が一人という事もありました。お客さまへ営業をしていく中で、「女性だから話を真剣にとりあってもらえないのかな?」と感じる事もありました。逆に、お客さまにかわいがってもらえると感じることもありました。しかし、実際には、女性の営業メンバーがトップセールスとして表彰をされたり、リーダーとして活躍をしていたりするので、大切なのは人間性ややる気であって、性別はあまり関係がありません。

また、営業は常駐しているエンジニアのフォローもするのですが、女性ならではのことは、事前に私が上長との間で調整をしておくことで、相談しやすい雰囲気をつくるようにしています。

最近では営業チームにも女性が増え、女性の後輩も増えてきました。今後は、後輩をひっぱっていけるような存在になりたいと思っています。

今の仕事の業務内容を教えてください。

主に、コールセンターの営業をしています。営業職と聞くと、電話でのアポイント取りや飛び込み営業をするイメージが強いと思いますが、実際は提案書の作成、見積もりや契約書の作成などオフィスで事務処理をしている時間もあります。

また、お客さまの生の声を聞いているコールセンターで働いているメンバーから、お客さまの潜在的なニーズをヒアリングして提案の企画を考えたりと、案件を横展開させるための取り組みも行なっています。

営業の仕事はお客さまの要望に寄り添うことが軸になりますが、同時に利益を生むようにバランスをとることが要求されます。もちろん、当たり前のことですが、なかなか当たり前を実現することが難しいのが現状です。社内調整がとても速く、お客さまとの約束も必ず守り、トラブルがあった場合も誠意をもって対応する。当たり前の事を確実に行なう直属の上司が、今私が目標としている姿です。

一日のスケジュール

08:50出社 メールチェック、一日のスケジュール確認、朝礼
10:00お客さま訪問
12:00ランチ
13:00お客さま訪問
15:00提案資料作成・既存案件のフォロー
16:00お客さま訪問
17:30見積もり作成・サンクスメール・翌日の商談の準備
18:30退社

オフの過ごし方

普段はなるべく残業のないように自分で調整して、体を休めるように意識しています。週末は土曜日に出かけることが多く、日曜日には家の掃除などをして気持ちを入れ替え、月曜日に備えるようにしています。営業職ですごくよかったなと思うのは、いろいろな場所でランチを楽しめることです。出先でおいしいレストランなど見つけると、すごくうれしいです。