技術本部

Ryosuke

経済学部 卒業
2012年 新卒採用

人間味とチャンスがあふれる職場です

アイエスエフネットへの入社のきっかけは?

就職活動中は、文系ではあるものの専門性が高い仕事に就きたいと考え、IT業界を軸に仕事を探していました。そんな中、学内の説明会にて情報系の出身でなくてもIT業界でのキャリアがスタートできる、アイエスエフネットに出会いました。説明会で印象的だったのは、採用担当の人間性です。会場に多くの学生がいましたが、皆さん、常に笑顔で一人ひとりに向き合って話をしてくれました。

入社してからも、アイエスエフネットの好きなところは、アットホームでフランクな職場の雰囲気です。困ったことがあればすぐに相談できる上司や同僚がいて、とても働きやすいと感じています。特に、私の所属する部署は上司や部長も、年齢がそんなに離れておらず、とても気さくに話かけてくれます。

どのような業務を担当していますか?

入社当時は、ITに関わる課題や障害に対応するコールセンターの業務につきました。ITの基礎知識は研修で学びましたが、実際の現場でお客さま対応をしてみると、とても緊張し、最初は先輩に頼りきりでしたが、徐々に業務にも慣れ、手元の資料とマニュアルで対応できるようになりました。緊急対応が必要が障害が発生している時は、クライアントと連携したり、柔軟性も求められますが、さまざまな課題を乗り越え自信をつけることができました。

コールセンターは主にチームで作業を行うため、報告・相談することができる先輩が身近にいるので、IT業界でのキャリアのスタートとしてはとてもよい経験になりました。

その後、全国保守のチームに配属になり、障害発生時に現地に駆けつけをするオンサイトを3年ほど担当しました。コールセンターの時とは違い、駆けつけた現場では主に一人で対応します。ですので、OJTの時は、先輩エンジニアが障害対応をしている間、わからなかったことをメモし、自宅で調べたり、根本的に知識が足りないと思う分野に関しては資格を取るなどして、知識を身につけることを意識していました。オフィスにいる間も、お客さまの資料を入念に確認したり、該当機器に関する学習を行うようにしていました。

2016年からは、全国保守第一グループに所属し、全国の支店と保守案件の調整を行っています。案件を担当することから、管理することに業務が換わり、案件数がとても多くなりましたが、定期的に各案件の資料を確認することは今も変わらず意識しています。うまくいっていると感じる案件でも、「もしかしたら」とアンテナを張ることで、トラブルを未然に防げる事があるからです。

IT業界に就職してよかったと思う時は、どんな時ですか?

アイエスエフネットに入社する前は、ITというとデスクに張り付いて仕事をするイメージでした。しかし、実際に全国保守などの案件に関わってみると、屋内だけでなく屋外で仕事をすることもあったり、地方に行くこともあります。体力がいる仕事だなと感じることはありますが、新しい発見も多く、常に新鮮な気持ちで業務に取り組むことができます。

また、新しい機器の情報を早めにキャッチできたり、私生活でも家族や友達にパソコンやネットワークでエラーがでたら頼りにされたり、思わぬ利点もありました。

アイエスエフネット独特の風土かもしれませんが、活躍している社員の年齢層が比較的若く、入社間もない社員でも、手を挙げればさまざまな事にチャレンジさせてもらえるので、とてもやりがいを感じています。

一日のスケジュール

06:45起床
07:30自宅出発
08:45出社
08:55朝礼
09:00メールチェック、返信
10:00オンサイト顧客調整
11:00作業内容説明
12:00昼食
13:00オンサイトメンバーフォロー
15:00インシデント管理表確認及び、資料作成
17:45日時報告作成
18:00退社

就職活動中の方へのメッセージ

就職活動中は、目標に向かって一生懸命だと思いますが、内定が決まったら、ぜひ学生時代にしかできないことにもチャレンジしてみてください。もちろん、今後の仕事に向かって勉強することも大切ですが、ぜひ、今しかできない経験もしてください。